Technique Lessons by Baricchi

(作成中)

これはバリッキカップルによるテクニックのレッスンです。
ビデオはPart1からPart7までの7つに分けられています。
非常に重要なことが書かれていますので、順次要約を付け加えていきます。
タイトルにはWaltzとなっていますがPart1、Part2ではスタンダード種目全般に通用する重要な項目について説明をしています。


※ Part1およびPart2の要約はダンキチさんの要約を参考にさせていただいています。




Part1


(スタンス)

スタンス(立ち方) (*1)とは、ポスチャー(姿勢) (*2)とポイズ (*3)のコンビネーションです。
ポスチャーとポイズは違う概念です。
次にポスチャーとポイズの違いを説明します。

(男女共通の基本的なポスチャー)

ダンスではしばしばボデイーをストレッチすると言う言葉が使われますが、多くの場合、このストレッチと言う言葉は間違って使われています。
頭に入れておかなければならないのはストレッチすると言う事は伸ばすと言うアクションではなくて結果的に伸びたと言う事なのです。
すなわち ボデイーのストレッチとはボデイーをストレッチするのではなくて筋肉を収縮させた結果起きる現象なのです。
例えば伸ばした腕を上に曲げる運動を考えてみましょう。
腕の肘から先を上に曲げる運動は筋肉を伸ばすから腕が曲がるのではなくて腕の上側の筋肉を収縮させるから腕が曲がるのです。
逆に上げたひじから先を元に戻す場合は腕の下側の筋肉を収縮させる為に腕が伸びるのです。

「体の動きとは筋肉を延ばす事で起きる現象ではなくて、筋肉を収縮させることによって起きる現象なのです」

よくロングフロントと言われますがロングフロントを作る動作は背骨を縮める事でもないし、体のフロントの筋肉をストレッチすることでもないのです。
ロングフロントはMuscle of Back (背中の筋肉)を縮める事によって初めて得られる結果なのです。 
グッドポスチャーはMuscle of Back (背中の筋肉)を縮める事によってのみ得られるものだと理解して下さい。
      
(男性固有のポスチャー)

Muscle of Back(背中の筋肉)を収縮させてグッドポスチャーを作った後の男性固有のポスチャーについて説明します。
シェイプを作る為に両腕を上げます。
この両腕を上げる動作は、肩の上部の筋肉を収縮させる事によって行われます。
この運動で両腕を上げることはできますが、両方のアームは十分伸びてはおらず、小さくまとまった状態となっています。
この小さなアームの伸びを大きくする為にさらに別な筋肉を収縮させる必要があります。
その筋肉は肩の上部から胸の前に繋がっている筋肉と肩の上部から肩甲骨の下に繋がっている体の後側の筋肉です。
(筋肉の名前は分からないので動画でバリッキが示している筋肉を参照してもらう必要があります)
この肩部の前・後の筋肉を収縮させることにより、アームをより大きくを伸ばす事(ストレッチする)が出来るのです。
この時、肩から両ひじまでの腕のシェイプはしっかりと保つことが必要ですが、両腕のひじから先は柔軟にそして自由に動かせるようにしておきます。

男性は肩から肘までのアームをしっかりと保つ必要がありますが、女性の場合はこの点が少し違います。




Part2


アームをストレッチする為の肩部前・後の筋肉の収縮は主として男性に要求される動作であり、女性にはこの筋肉の収縮はあまり要求されません。
何故ならばこのフレイムをしっかり保つのは男性に要求される事だからです。

いずれにしてもグッドポスチャーを作る為にはMuscle of Back(背中の筋肉)を収縮させなければなりません。
そしてこの事が、自然にロングヘッド、ロングネック、クリーン・ショルダー、ロングフロントを作ることになるのです。
そして又こうすることによって、力強く、しかし自由に体を動かすことができ、回転も自由にできる状態にすることができるのです。

(女性固有のポスチャー)

次に女性固有のポスチャーについて説明します。
先ず男性と同様にMuscle of Back(背中の筋肉)を縮めます。
そして女性のシェイプは左側に向けて作られます。
背中の筋肉を収縮させることにより、体の前部が伸びると同時に下半身をリラックスさせて床に対して押し下げ、肩の上部を少し左へrorateさせ、僅かにスウェイさせることにより自然に、ネックを左に向けます。
このスウェイは左側の脇の筋肉を僅かに収縮させることにより起きます。
Muscle of Back(背中の筋肉)を縮める以外は体の力を抜いてリラックスした状態を保ちます。
     
男女がそれぞれの正しいショートバック、ロングフロントのポスチャーを作り、組むことができれば、押し合う事なく自由で広く、そして大きなサークル状のフレイムを作ることができるのです。

いずれにしても男女共に筋肉がどのように動いているのかを理解する事がとても重要です。
この筋肉の動きを理解しないままに、人の姿を真似てみたり、人に言われ感じたままの真似をして筋肉を動かす事はより多くの問題を引き起こしてしまいます。

(ポイズ)

ポスチャーとポイズは明らかに違った概念です。

「ポイズとはポスチャーの床との関係なのです。」

良いポスチャーだけどポイズが悪いケースがしばしば見かけられます。
この事からもポスチャーとポイズは違うと言う事が御理解いただけると思います。
ポスチャーは筋肉の動きが伴いますが、ポイズは筋肉の動きとは全く関係がなく、足に対するボデイウェイトの位置だと言う事が言えます。
ポイズとはボデイーウェイトの位置と足との関係です。
またボデイーウェイトの角度と床との関係であるとも言えるのです。

二人の体を合わせる事により美しく正しい姿を作る為には良いポスチャーと良いポイズのコンビネイションがとても重要です。

女性が男性に対してポジショニングをした時、ボデイーウェイトを下側に押し下げスタンデイングレッグにボデイウェイトを乗せる事が大切です。
実際のウェイトは男性に与える感じですが少しスウェイをし、左側への回転は少し後方に向けて行われます。
しかしウェイトをヒールの上に乗せると男性に重さを与えることになり、重いとのクレイムを受けることになります。
あくまで女性の体のウェイトは体の少し前(ボールの上)におく事がとても大切なのです。




Part3



英語の説明は以下の+記号をクリックしてください。(まだ和訳していません)

...







Part4





Part5





Part6


(調和と領域)

英語の説明は以下の+記号をクリックしてください。

...





Part7







  • 最終更新:2015-01-11 23:37:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード