Rotation

解説








本文対訳


The term Rotation is used to describe any moment in which the shoulders and hips of the dancer are not aligned with one another.
Rotationという用語はダンサーの両肩と両腰がお互いに整列していない(同じ方向を向いていない)時を表現するために使用される。

Normally, this variation takes place through the rotation of the shoulders in relation to the hips, but can also be due to the rotation of the hips and feet in relation to the shoulders (in case of figure without Quantity of Turn the rotation are made only by the hips).
通常は、この変化は両腰を基準として両肩が(tama注:相対的に)回転動作をするときに起こるが、しかし、両肩を基準として両腰と両足が(tama注:相対的に)回転する事によっても起こることもありうる(フロアに対して向きを変えないフィガーの場合は両腰によってのみRotationが行われる)。

tama注:Rotationは日本語の「回転(物体やボディが一つの軸や点を中心にして回ること)」と同じ意味ですが、Turnは日本語の方向を変える/方向転換という意味です。場所を移動せずに方向を変える場合に限って「回転」という意味になることに注意する必要があります。以下も参照ください。


There are also some cases where both of these actions are combined (e.g. Whisk).
これらのアクションの2つが組み合わされる場合もある(例:ホイスク)

Anatomically, the Rotation occurs around a sagittal axis passing through the articulation of reference, and generates a Torsion within the body of the dancer.
解剖学的には、Rotationは、基準となる関節(tama注:ここでは胸椎ないし腰椎のことだと思われる)を通過する矢状軸(tama注:矢状軸とは、ボディを正中線で左右対称に分割する矢状面上にあり、ボディの前後を水平に貫く直線)のまわりで起こり、ダンサーのボディ内でねじれを生じさせる。

This Torsion is created by the anterior and posterior muscle chains which cross the body diagonally.
このねじれはボディを斜めに交差しているボディ前面と背面にある複数の筋肉のチェーンによって生み出される。

In figure 8.a below, the imaginary line of the shoulders is plotted in relation to that of the hips, and in figure 8.b the hips are plotted in relation to the shoulders:
下の図8.aでは、両肩を結ぶ仮想線が両腰を結ぶ仮想線を基準としてプロットされており、図8.bでは両腰を結ぶ仮想線が両肩を結ぶ仮想線を基準としてプロットされている。

Figure 8.a Shoulder Rotation in relation to Hips
(図は省略)


Figure 8.b Hip Rotation in relation to Shoulders
(図は省略)



There are three fundamental uses for Rotation:
Rotationについては、3つの基本的な用法がある。

The following guidelines may be used to understand when each type of Rotation usually occurs during a step:
それぞれのRotationが、通常一つのステップの間のいつの時点で起こるかを理解するために次のガイドラインを用いても良い。
tama注: a step という言葉は1歩という意味ではなく、テクニックブックのチャートの中の step の意味であることに注意

Lightness (CBM - Contrary Body Movement) : Normally distributed over the entire step
少しのRotation(CBM):通常そのステップ全体に起こる
tama注:Lightnessという英語をうまく言い表す日本語がすぐに思い当たらないので少しのRotationと仮訳している

Leading to change position of the centre: Normally after the Centre Balance Position
ボディ中心のポジションを変えるためのリードとしてのRotation: 通常中間バランス以降で起こる

Leading to outside partner: Normally before the actual step (over the foot of the previous step)
アウトサイド・パートナーへリードするためのRotation:通常実際の踏み出しの前に起こる(ひとつ前に踏み出す足のうえで)

Dynamics: Normally over the foot at the end of a Drive Action
ダイナミクスを表現するためのRotation:通常ドライブ・アクションの終りの時点で、足の上で起こる



Lightness (CBM - Contrary Body Movement):
少しのRotation(CBM)

At the beginning of any rightward or leftward turning figure, both partners execute a slight Rotation of the upper part of the body (shoulders) in relation to the lower part (hips and feet), generating a significant effect of lightness in the movement.
右方向あるいは左方向へ向きを変えるフィガーのはじめの時点で、両方のパートナーが、ボディの下部(両腰および両足)を基準として、ボディの上部(両肩)をすこし回転させる。それが、ムーブメントにおけるlightnessの有意な効果をもたらす。

Leading:
リーディングのためのRotation

In this case, Rotation is considered one of the Man's principal tools for communicating to the lady the transition from one Position of Centre to another or to allow the "Outside Partner Position".
この場合、Rotationは、女子にボディのセンターをある位置から違う位置へ移ることを伝えるための、もう一つは「アウトサイド・パートナー・ポジション」を許容するということを伝えるためのコミュニケーションの主要なツールの1つとみなされる。

Dynamics:
ダイナミクスのためのRotation

The function of this Rotation is that of giving a greater effect of movement and volume and does not directly influence the correct bio-mechanical execution of the figure itself.
このRotationの機能は、ムーブメントとボリュームにより大きな効果を与えるものであり、フィガーそれ自体の、正しいバイオメカニカルな実行に直接的に影響を与えるものではない。

It is normally used in lines, but can also be introduced in some basic figures in order to make the movement appear more attractive and faster.
このRotationはインライン(tama注:意味は今のところ不明)で用いられるが、しかし、ムーブメントをより魅力的により早く見せるためにいくつかのベーシック・フィガーにおいても導入することが可能である。

It should also be noted that Rotation for Dynamics usually follows a Rotation for Lightness, in which case the former should be considered a continuation of the latter
ダイナミクスのためのRotationは、通常CBMのためのRotationに続くが、前者は後者の続きとして考えるべきだということも注意しなければならない。

In general, Rotation improves the stability, the coordination and the appearance of the couple.
一般的に、Rotationは、カップルの安定性、連携、見た目を改善する。

In the Rotation column of each chart, the direction of the Rotation will be indicated (To R/To L) together with the body part executing the action (shoulders/hips) and, in brackets, the purpose of the Rotation (Lightness/Dynamics/Leading abbreviated as Light./Dyn./Lead. respectively).
各チャートのRotationの欄には、Rotationを実行するボディの部分(両肩/両足)と一緒に、Rotationの方向(右へ/左へ)が示され、そしてカッコの中には、そのRotationの目的が記載される)。


Example of LIGHTNESS AND DYNAMIC: Natural turn

  • 最終更新:2017-09-15 05:29:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード