Quantity of Turn

本ページの短縮URL: https://goo.gl/gduZYY


解説


この”Quantity of Turn”という用語は、ISTDのボールルーム・ダンス・テクニック(いわゆるボルテク)の「回転量」とほぼ同じ意味で、いずれも「両足の間で測る。」ということが説明されています。

これだけならすでに殆どの方がご存知だと思いますが、それだけではなく、ちょっとしたことですが意に留めておくべきことが最後の2行に追加されています。

追加されているのは、たとえば、ボルテクのチャートのステップ1の回転量の欄に「右回転を始める」と指示され、ステップ2で「1~2の間で3/8」と指示されている場合を例に取ると、この意味は、ステップ1とステップ2の回転量の合計が3/8だということです。


なお、私は、この角度の測り方については、もう少し具体的に、以下のように仮定しています。
ただし、この仮説がすべてのステップに対して適用できるかどうかまでは未確認です。


【 回転量とは、あるステップの開始時点でのサポーティング・フットの足の向きと、その開始時点のサポーティング・フットと反対側の足がそのステップの終了時に到達している向きとの間の角度である 】




本文対訳


Quantity of Turn
回転量


This describes the quantity of turn that the dancer produces during the execution of a step and is measured between the feet.
これは、ダンサーが一つのステップの実行中に生み出し、かつ両足の間で測られる回転量である。

The turn can be to Right or to Left and the quantity is given as follows
そのターンは右方向あるいは左方向に向いてもよく、その大きさは次のように与えられる。

<図>

tama注:図は省略します。英語では分数表記を多用しますが、ダンスの回転量についても同様で、1/8、すなわち45度を最小単位として表記します。

Slight Turn indicates a rotation of the centre of less than 1/8 of a turn.
「わずかな回転」というのは、中心で1/8(すなわち45度)未満の回転をすることを示す。

When followed by a turn in the same direction, the Slight Turn should be subtracted from the Quantity of Turn indicated.
もしそのターンに、(tama注:次のステップで)同じ方向のターンが続く場合、それに対して示されている回転量から「わずかな回転」の回転量を差し引かなければならない。

  • 最終更新:2017-01-25 10:54:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード