Foot Roll Principles

本ページの短縮URL: https://goo.gl/DCG00T


解説


ここの項では、これまでのテクニック・ブックで書かれていない重要なポイントがある。

  • ボディの安定性とバランスを保つためには、フェーズ2(リカバリー・フェーズ)ではホール・フット(tama注:ヒールからボールまでフロアに接触させた状態)でなければならない

  • これまでのテクニック・ブックに書かれている「1の終わりでライズを始める」の意味は、フェーズ2(リカバリー・フェーズ)の時点ではホール・フットのままレッグでのライズを開始し、次のステップのフェーズ1に入るあたりで、フット・ライズを加えてヒールをフロアから離すという意味である。




本文対訳



The Foot-Roll principles
フット・ロールの原則

All steps in swing dances (Waltz, Viennese Waltz, Slow Fox and Quickstep) danced with a Drive Action, are normally described as having a H Flat Foot Action.
スイング・ダンス(ワルツ、ヴィーニーズ・ワルツ、スロー・フォックストロット、およびクイックステップ)でドライブ・アクションを伴って踊られる全てのステップは、通常、ヒール・フラット・フット・アクションを持っていることを前提として説明される。

This description derives from the technical adaptations required to respond to the need for elevated dynamics, typical of DanceSport.
この説明は、ダンススポーツにおいて典型的な、より高いダイナミックさの必要性に応えるために求められた技術的適応に由来している。

In practical terms the forward-moving partner, in order to maintain an intense shifting of body weight while still adhering to the aesthetic conventions and maintaining balance, must, in the Recovery phase of the step, maintain the whole foot in contact with the floor.
実際的な条件としては、前進する側は、美的な決まり事を順守しつつバランスを保つ一方で、体重の強い移動を維持するために、各ステップのリカバリー・フェーズでは、フロアに対してホール・フット(tama注:ヒールからボールまでフロアに接触させた状態)を維持しなければならない。

In the following phase (the beginning of the next step), the Heel may leave the floor and the contact best suited to the figure may be used (Toe, Ball or Flat).
その次のフェーズ(すなわち次のステップのはじめ)では、ヒールをフロアから離してもよく、そのフィガーに最もふさわしいコンタクト(トー、ボール、ないしフラット)を用いることができる。

It is important to emphasize that the Rise and Fall indicated at the end of the step will contemplate the use of foot rise, even though the Foot Action will be H Flat.
そのステップの終わりに示されているライズ・アンド・フォールは、たとえフット・アクションがヒール・フラットとなっていたとしても、その後にフット・ライズを行うことが予定されていることを強調することは重要である。

For example, the first step of a Closed Change will be indicated as Start to Rise e/o 1 (Leg-Foot).
たとえば、クローズド・チェンジの最初のステップは、「そのステップ1の終わりにライズを開始する(レッグ-フット)」と示されている。

This indicates that the rise will start over the foot, as opposed to after the Recovery phase, as would be used in a step without Drive Action.
これは、リカバリー・フェーズの後にライズが始まるのではなく、ドライブ・アクションのないステップで用いられているように、その足の上でライズが始まるということを示している。

To be precise, a rise due to the extension of the standing leg will be used, and the foot rise will occur almost at the beginning of the following step.
正確に言うと、スタンディング・レッグの伸長による(レッグ)ライズが用いられ、それから、おおよそその次のステップのはじめでフット・ライズが起こるのである。

  • 最終更新:2017-02-19 11:09:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード