Extension

解説

この。Extension(イクステンション)というテクニックは、女子がボディ・ムーブメントをより魅力的にできるようにするために、WDSFがきちんと定義したと言ってもいいテクニックだと思います。

しかし本文でも戒めているように、下手に女子がこのテクニックを使おうとするとカップルのバランスを崩すことになりかねません。またカップルのスムースな動きを妨げる場合も無きにしもあらずです。

一方男子も、自分がリードするというより、黒子として、女子が音楽に合わせて上体をゆっくりと花開かせるような動きをサポートしてあげるような気持ちで踊るほうが結果的に美しい動きになるようにわたしは思います。


本文対訳



Extension is a body action used most frequently by the Lady and is produced through a strong stretch of the front part of the body in relation to the back.
Extension (イクステンション)とは、女子に多く用いられるボディアクションであって、背面部に対する前面部の強いストレッチを通じて生み出される。

It is important to remember that any Extension should start in the upper part of the body (head, neck and chest) and follow in the lower part (abdominal and lumbar area).
重要なのは、どんなExtensionであれ、ボディ上部(頭、首、胸)で始まり、それにボディ下部(腹部、腰部)が続くということである。


The degree of Extension depends on the amount of time dancers have at their disposal and on the fact that the personal balance and Couple Position should not be altered. Extension must always be lead by the Man.
Extensionの程度はカップルが(イクステンションに)費やそうとする時間および、(イクステンションによって)個々のバランスおよびカップルの相対的位置が変わってはならないという現実に依存する。イクステンションは、常に男子によってリードされなければならない。

In the charts the way in which the Extension is made is described (eg. Gradually, Direct , etc.) together with the final position of the Lady's head. In the chart the recovery of the Extension is never described.
チャートの中では、イクステンションを行う方法が、女子の頭部の最終的な位置とともに記載されている(例: 徐々に、すぐに、など)。ただしイクステンションからの戻りは記載されない。

Hereunder is indicated an example of how is described the Extension in the charts:
以下に示すのは、チャートの中でイクステンションがどのように記載されているかを示す例である。


tama注

ワルツのナチュラル・スピン・ターンの例をあげます。画像をクリックすると別ウィンドウに拡大表示されます。
チャートの一番右にイクステンションの欄があります。欄の中の説明は以下のとおりです。

Step 2 Gradually back, head moves to pos. 1
       前面部を徐々にのばしていく、頭部はポジション1の方向に動く

Step 3 Cont. gradually back, head ends in pos. 1
       継続して、前面部を徐々にのばしていく、頭部はポジション1で終わる

Step 5 Gradually back, head ends in pos. 1
       前面部を徐々にのばしていく、頭部はポジション1で終わる

※ ポジション1というのは、このテクニック・ブックでは通常のクローズド・ポジションから頭部を左肩へ回転させていき、
  あごがおおよそ左肩の上に来た時の位置と定義されています。

キャプチャ.JPG

  • 最終更新:2016-11-25 15:34:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード