A Lady's Point of View

この論説は、「社交ダンス上達の道しるべ」というサイトから転載させていただいたものです。このサイトは素晴らしい情報の塊で、通読されることをお薦めします。

それはさておき、原文はアレックス・ムーアの論説で、それをサイトをまとめておられる福頼さんという方が翻訳されているものです。
表題は「女子についての観点」となっていますが、男子も読むべき卓説だと思います。




女子についての観点

三十年間講読を続けたレターサービスでただ一度だけ、女子についての論説が掲載されていましたから、直訳して記述します。

A LADYS POINT OF VIEW
THE ALEX MOORE LETTER SERVICE OCTOBER 1987

ボールルームダンスの競技選手カップルを養成するには、型、リード、フロアクラフト、リズミカルなムーブメントを作り出す能力の発展のために多くの時間を男子に費やさなければならない。

女子は上記の全てのことにフォローする仕事について、時には充分な時間を与えてもらえない。

女子が上記のことを受け入れられるように、また、彼女のパートナーが踊り手としての彼女の要求を理解するように訓練することは最も必要なことである。


女子に第一に望まれることはバランスであり、第二は安定感である。

彼女はそれを実行する自由があるならば、彼女のパートナーシップとしての半分を首尾よく描き出すことができるだけである。

彼女のバランスは、そのボディーの垂直なバランスによって生じる。
膝は、腿とヒップが男子によってわずかに掲げられたように、前方にたわめる。

肘から肘に到る腕のラインは水平で、そして柔らかい両肩と共に水平である。
頭はボディーの左側に垂直に保ち、ごくわずかに左へ回す。

女子がこの釣り合いを保つために、男子は自分と女子と両方のホールドに注意しなければならない。

男子は右腕で彼女の体側に閉じて腕の下を支え、手は柔らかく肩甲骨の上に置く。

男子は決して右手で女子を自分の方に引っ張ることがないように、そして、常に女子の背中と一緒に動けるようにしておく。

「男子の手は女子の背中と一緒に動く。手は女子の背中を動かさない。」

この言葉を度々繰り返さなければいけない。われわれは男子に対して、よく、『あなたは極上のシャンパンを満たした高価なクリスタルグラスを乗せた盆を持っていて、
一滴もこぼしてはいけないと思いなさい。』

と言う。

女子にとって次に必要なことは、正しいテクニックでスイング或いはムーブメントを助けることができるように足を充分に使うことができると言うことである。

われわれは男子と女子の両方に、 「強い足と足首のための鍛錬をしなさい。」と言う。
なぜなら、足の力が無ければフライトはありえないからだ。
いかに多くの女子が、思うように充分に足を使えないでいることか。

ライズの位置から後ろに落ちたり、女子のラインを横切ってステップしたり、女子のムーブメントのラインから外れたりするのは男子の責任である。

女子が足を置かなければならない位置に気を配り、ムーブメントのラックが女子と協調的であるように注意しなければならない。

女子は各ダンスのラインフィガーで、足からボディーを通って頭までに描き出されるラインに大変注意深くなければならない。

これを達成するためにボディーのトーンを研究し、頭の使い方を、回転だけでなく型も理解しなければならない。

また、男子は自分と自分のパートナーと両方のラインの理解に最も協調的でなければならない。

これらの型の際には、柔らかい肩と腕の線を持ち続けるために、女子のバランスが極めて重要である。

もし、男子が女子をラインフィガーにリードする時にいつでも女子を見ていたら、男子は女子のヘッドラインを研究し、女子の足の上のバランスラインに確実に女子の頭を置かせることができる。


われわれは、女子が皆、自分のフィガーのルーティンを一人で踊れなければいけないと考える。

それは、ラインやバランスやリズムについて、本当に理解する上で大変助けになる。
多数のトッププロの女性が、男子のフィガーのルーティンも上手に踊ることができる。

これは男女両方の理解を確実にして、パートナーシップとしてのダンスの感覚を高める。

われわれは訓練中に度々、女子にリズムのカウントを聞いてみる。
驚いたことに、なんと大勢の女性がフィガーのタイミングを知っていないことか。

彼女が充分な知識を身に付けたときには、当然、よい踊り手としての能力を身に付けるだろう。

このソロダンスはまた、スイングの方向を理解することを助け、そしてまた、スウェーが感じられる時、バランスのコントロールを助ける。

その上、男子がリードしていて共感を覚えるなら、女子をとても軽く感じて、彼のリードをより積極的にするだろう。


最後に、

男子のボディーと腕のラインを通して明確な方向の感じを受ける女子は、自分から回転しようとはしないだろう。

男子は時に、女子が音楽を良く聞くことができることを忘れている。

そして、もし男子が音楽的に100%の動作でなかったら、女子はそれを伝えようとして、多分、自分から回転するだろう。

女子が男子から受ける音楽的な感じに満足している時には、彼女のバワーは前方及び後方へのムーブメントの中にあって、男子を助けて回そうとはしないだろう。


この論説は、一女性会員の要望によるもの。助けになることを希望する。




  • 最終更新:2012-10-15 12:07:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード