社交ダンス教師に求められる10の資質

米国に、ダンス教師を育成するプログラムを提供しているダンススタジオが運営しているBallroom Dance Teachers College というホームページがあります。

その中のQ&Aのコーナーに、「ダンス教師になりたいんだけど、自分がダンス教師に向いているのかどうかわからない。」という質問に対する回答の中に以下のようなことについて書いていました。

                Top 10 Characteristics of a Successful Ballroom Dance Teacher    (ボールルームダンス教師として成功するための10の資質)

アメリカ人は、どうも昔から「○○○○のための10の秘訣」みたいなのがお好きみたいですね。
むりやり5とか10とかという切りの良い数字に合わせていたりして(笑い)。

まあそれはさておき、その内容は、生徒側からすればそんなの当たり前だろうと言いたくなる内容なのですが、
これを読んだあなたが習っていらっしゃる先生はいかがでしょうか。

でもこの資質は、相手に文句ばかり言っている競技選手のカップルや、パーティで教え魔をしている輩にも必要かもね(笑い)

和訳をしましたので興味があればお読みください。




(質問)

Dear Diane,
親愛なるダイアンへ


I love the idea of becoming a ballroom dance teacher.
私は社交ダンス教師になりたいと思っています。

But how do I know if I have what it takes to be successful as a dance teacher?
でも私がダンス教師として成功するために必要なものを持っているかどうかどうしたら知ることができるでしょうか?

Wanting it to work,
この質問が適切であることを願いつつ。


Alice,



(回答)

Hi Alice,
ごきげんよう アリス


This is an excellent question and you are smart to ask it.
それは素晴らしい質問ですね。それを質問したあなたは大変賢いと思います。

Great dancers often assume they’ll automatically be great teachers, but there’s much more to teaching ballroom than knowing how to dance.
優れたダンサー達は、しばしば、それだけで自分たちが優れた教師になるだろうと思い込むかも知れませんが、しかし、踊リ方を知ることよりは、教えるべきことのほうがずっと多いのです。

There are several personality and lifestyle traits that are important in the ballroom business.
社交ダンスビジネスにおいて重要な個性やライフスタイルに関する資質がいくつかあります。

Taking an honest look at whether you possess these qualities will help tell you answer the question: is a ballroom dance career is right for me?
自分がそれらの資質を持ち合わせているかどうかを真摯に見つめることは、あなたのその疑問すなわち、「社交ダンス教師としてキャリアを積むことが自分に向いているか」に対して、答える助けになるでしょう。

Here are my Top 10 characteristics of a successful ballroom dance teacher:
これから述べるのは、社交ダンス教師として成功するために私が考えるトップ10の資質です。


1. Patient:
   がまん強くあれ

When teaching, there will be times you’ve explained something 10 different ways and your student still doesn’t understand.
教える際に、あなたが何かを説明するとき10通りものちがったやり方で教え、それでもなおかつ、あなたの生徒が理解できていないことがいくらでも起こるでしょう。

If you tend to get frustrated and impatient when people don’t learn right away, then teaching dance may not be right for you.
もし、生徒たちがすぐに覚えられないとき、自分がイライラしたり我慢しきれない傾向にあるならば、ダンスを教えるのはあなたに向いていないかもしれません。

As a dance teacher, you need to be calm, compassionate, and non-judgmental.
ダンス教師として、あなたはおだやかで、思いやりがあり、そして決めつけてしまわない態度が必要です。

Your ability to be sincerely patient and continually encouraging will allow your students to feel comfortable when they don’t get things right away.
まじめで我慢強いという能力と常に励ますことは、あなたの生徒たちがすぐに物事を理解出来ない時でも、居心地よく感じさせる助けになります。


2. Passionate:
   教えることに情熱を持て

Having a love of dancing and teaching creates an environment that will inspire and motivate your students to learn.
ダンスをすることと教えることを愛することは、習うということに対してあなたの生徒たちを勇気づけ、やる気を起こさせる雰囲気を創り出します。

If the idea of teaching the same figures over and over sounds boring to you, this will show in your teaching.
もし何度も繰り返して同じフィギュアを教えるということが、あなたには退屈なことだと響くのなら、それはあなたのレッスンの中にあらわれてきます。

Without passion, your students will wonder why they are bothering to learn.
情熱がなければ、あなたの生徒たちは、習うことが嫌になるのはなぜだろうと疑うことでしょう。


3. Love to Learn:
   自分自身が習うことも好きになれ

There is no end to the amount of knowledge and skill in dancing.
ダンスにおける知識と技術の量には限りがありません。

Great ballroom professionals hunger for new ways to teach and dance.
優れたプロは、教えたりダンスするための新しい方法について貪欲です。

They recognize the need to take lessons, get certified, and continue to challenge themselves and they’re willing to spend their own money to do it.
優れたプロはレッスンを受けたり、資格を取ったり、継続的に彼ら自身の能力を試す必要性について認識しており、そういったことをするためには喜んで自分自身の金を費やしています。


4. Outgoing:
   外向的であれ

While it’s not impossible for a shy, quiet person to be a good dance teacher, it will require concerted effort.
恥ずかしがり屋で物静かな人間が優れたダンス教師になることは不可能ではありませんが、そうなるためには、なんとしてでもやり遂げる努力が要求されます。

Students thrive in a fun, friendly environment.
生徒たちは、楽しみを与えてくれ、フレンドリーな雰囲気でこそ成長します。

This is easy to create when you’re a naturally outgoing, sociable person.
このことはあなたが生来外向的で人との付き合いに長けた人ならば、そういった雰囲気を創りだすことは容易でしょう。


5. Possess Self-Control:
   自己をコントロールせよ

There’s a lot of temptation in the ballroom dance business, sexy clothing, close physical contact, sensual movement, dance students having crushes on you, etc.
社交ダンスビジネスには多くの誘惑、たとえば、セクシーな衣装、肉体的な接触、官能的なムーブメント、あなたに抱きついてくる生徒たち、などがついて回ります。

Ballroom teachers must have the discipline to push inappropriate urges aside and maintain their professionalism.
社交ダンス教師は、不適切な衝動を脇に置き、プロとしての気概を持たなければなりません。

Without such self-control, you’re sure to ruin your career in no time.
そういった自己統制なしでは、あなたが時を経ずして自分のキャリアを崩壊させてしまうことは間違いありません。


6. Creative:
   創造的であれ

There’s no simple rulebook for dance teachers that tells you everything you need to know or how to deal with every situation that may come up.
あなたが必要なことすべて、あるいは出会うかもしれないすべての状況を乗り切る方法を教えてくれる、社交ダンス教師のためのルールブックなど存在しません。

Having a strong creative side will allow you to come up with new ideas for your students, choreograph routines on the fly, solve logistical problems, and navigate interpersonal tensions as they arise.
創造的な側に常に立つことは、生徒たちのための新しいアイデアや、その場でルーティンの振り付けをひねり出したり、事業計画に関する問題を解決したり、持ち上がってくるであろう対人関係の緊張をうまく避けることを可能にします。


7. People-Oriented:
   生徒第一に考えよ

Do you prefer working with people or by yourself?
あなたは他の人と一緒に仕事するのと、自分だけでやるのとどちらが好きですか?

Do you prefer being with people or with animals?
あなたは他の人と一緒にいるのと動物と一緒にいるのとどちらが好きですか?

If you want to be a dance teacher, your answers to both had better be people!
もしあなたがダンス教師になりたいのならば、どちらの答えも「他の人とやるのが好き」というほうが、より良いでしょう。

You will encounter every type of person when you teach ballroom dance.
あなたが社交ダンスを教えるときは、あらゆるタイプの人に出会うでしょう。

If your inclination is to see every person as interesting and wonderful in his or her own way, you’ll do well as a teacher.
もし、あなたが、すべての人を、彼または彼女のやり方で行動することが興味深くてかつ素敵だと見なす傾向にあるならば、あなたは教師としてうまくやっていくでしょう。

If you aren’t very tolerant of people with annoying habits or idiosyncracies, you may have a tough time in the ballroom industry.
もしあなたが、イラッとさせるような習慣あるいは風変わりな点がある人に対してあまり許容的でないならば、社交ダンス業界において骨の折れる時間を過ごすことになるかもしれません。


8. Interested in Fitness and Well Being:
    フィットネスや健康に対して興味を持て

There’s a reason why competitive ballroom dancing is called DanceSport.
どうして競技ダンスがダンス・スポーツと呼ばれるかについては理由があります。

As a professional dance teacher, you may be on your feet and dancing as much as 40 or 50 hours per week.
プロのダンス教師として、週40ないし50時間も両足で立ってダンスをするかもしれません。

So if you are frequently sick, have low energy or are prone to injuries, this probably isn’t the career for you.
だから、もしあなたが病気がちだとか、あまりエネルギーがないとか、怪我をしやすいならば、ダンス教師はあなたの職業としてはおそらく適切ではないでしょう。

You don’t have to be young, but you do need to be healthy and strong, and prioritize taking good care of your body.
あなたが若くなければならないというわけではありませんが、それでも健康で力強く、そして体に気をつけることを優先させなければなりません。


9. Organized:
計画を立て、実行せよ

It might seem like a ballroom dance career is as far away from Corporate America as you can get.
社交ダンス教師の職業というのは、あなたが思うようなたとえばアメリカ株式会社とはかけ離れているように見えるかもしれません。

But surprisingly, being a successful dance teacher requires many of the same skills.
しかしおどろくことに、ダンス教師として成功するには、同じスキルが多く要求されるのです。

You must have excellent time management, planning skills (preparing lessons and class series), keep an impeccable calendar (so you don’t book two students at the same time), keep to do lists, and follow through on your promises and responsibilities.
あなたは非常に優れた時間管理能力や計画立案技術(個人レッスンおよび団体レッスンの準備)を持っていなければなりませんし、TODOリストを維持し、レッスンの約束や責任を全うしなければなりません。


10. Well-Groomed:
    良い身だしなみでいなさい

If you think you can wear whatever you want as a dance teacher, then watch out.
もしあなたがダンス教師として、好きな衣装を身につけても良いと考えるなら、用心しなさい。

Overall, the ballroom professionals are a very well dressed and groomed group.
世間一般的には、プロの社交ダンス教師は、非常にいい服装をし、きれいな身だしなみをしている部類に入ります。

Most studios have a dress code, many of which are more formal than your average 21st century workplace.
多くのダンススタジオには服装規定があり、それら規定の多くは21世紀の平均的な職場の服装よりも、もっとフォーマルです。

Good hygiene, immaculate clothing, and an overall professional appearance are important both for looking like a dance teacher and for showing respect for your students.
清潔な体、きちんとした服装、そしてプロとしての全体的な外見が、ダンス教師のように見えかつ生徒たちに対する尊重の念を表すための両方に大変重要なのです。




  • 最終更新:2014-07-21 06:49:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード