社交ダンスの定義

作成中


(1)
ダンスは21世紀の社会では、その目的によって二つに分けられる。つまり、競技会で踊るダンスと、ダンスパーティで踊るダンスである。前者は人より抜きんでることを目的とするが、後者はダンスそのものを楽しんだり、異性や他のカップルも含め、周りの人たちとの交流を楽しむことを主目的とする。このスレッドの中では私は後者のダンスを仮に「(tamaの)社交ダンス」とします。
その目的からして「(tamaの定義する)社交ダンス」では、相手や周りの人たちに対する礼儀ないしエチケットを守ることが絶対必要条件です。

(2)
ダンスパーティで踊るダンスのスタイルには、動きの大きい、いわゆるダンススポーツと、狭い場所でも踊れ、かつ動きの少ないダンス(非ダンススポーツ)のどちらを踊っても構わない。どちらも「(tamaの定義する)社交ダンス」です。

(3)
ダンスパーティで踊る場合、ダンススポーツスタイルで踊ろうが、非ダンススポーツスタイルで踊ろうが、相手に対する礼儀なりエチケットが欠けていれば、「(tamaの定義する)社交ダンス」ではあっても好ましくないダンスである。

たとえば、ダンススポーツスタイルの場合、他のカップルにぶつかるとか、ぶつからないまでも恐怖感を与えるような踊り方がその例である。また非ダンススポーツタイプであっても、女性の嫌がるような踊り方は好ましくない。その最たるものとして、極端な例であるが、戦後に多くの男が自分の性的欲望を満たすためにダンスホールに行ったのだとすれば、風俗営業だとみなされてもやむを得ないでしょう。



  • 最終更新:2010-05-03 13:26:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード