テクニックブックを正しく読む

この記事は、スタンダード種目(ワルツ、タンゴ、フォックストロット、クイックステップ)のための「ボールルームダンステクニック」の読み方についての説明です。ボールルームダンステクニック(第5版、平成11年8月1日発行)を参考にしました。

なおダンス用語についてはJBDFが以下の書籍を出版していますので購入することをお勧めします。

    書籍名 ボールルームダンス用語集 
          第1章 技術用語(スタンダード・ラテン共通)
          第2章 動作その他
          第3章 フィガー等の名前・由来
    編集  JBDF資格審議委員会
    問合せ JBDF TEL 03(5652)7351





ボールルームダンステクニックで使われる略語

Right Foot ライトフット 右足
Left Foot レフトフット 左足
LOD Line of Dance ライン・オブ・ダンス 部屋の壁にそって反時計回りに踊りを進行させていくこと。
PP Promenade Position プロムナード・ポジション 男子の右側と女子の左側がコンタクトし、体の反対側がV字形に開かれた位置。
CBMP Contrary Body Movement Position コントラリー・ボディ・ムーブメント
・ポジション
ボディラインを保って(体を回転させないで)、支え足の延長線上またはアクロスして(前方または後方に)置かれた足の位置。
CBM Contrary Body Movement コントラリー・ボディ・ムーブメント ボディ・アクションの一つである。前方または後方に動いている足の方向に、身体の反対側が回転すること。通常、回転を起こす時。
Ball of Foot ボール・オブ・フット 足のボール
Heel ヒール かかと
Toe トー つま先
IE Inside Edge インサイド・エッジ 足の内側の縁。右足であれば左側の縁。左足であれば右側の縁。
WF Whole Foot ホール・フット 足の裏全体
NFR No Foot Rise ノー・フット・ライズ ノーフットライズは主として後方にステップする時の内側回転で起こり、支え脚のヒールは、次のステップが行われるまでフロアーにコンタクトしている。ライズはボディ及び脚のみで行われる。
OP Outside Partner アウトサイド・パートナー パートナーの右外側への前進ステップ。

tama注: ここで言うパートナーとは、日本でしばしば誤解されているように、男子に対する女子だけを指すのではなく、女子に対する男子をも指すことに注意。
Slow スロー 通常、音楽の2拍の長さ
Quick クイック 通常、音楽の1拍の長さ
Associate アソシエート スチューデント・ティーチャーより一つ上のクラス。
Licentiate ライセンシエート アソシエートより一つ上のクラス。
Fellow フェロー ライセンシエートより一つ上のクラス。


足の位置

これは両方の足の相対的位置である。「足の位置」に関係する用語は以下のとおりである。

  1. CBMP
    ボディラインを保って(体を回転させないで)、支え足の延長線上またはアクロスして(前方または後方に)置かれた足の位置。

  2. PP
    男子の右側と女子の左側がコンタクトし、体の反対側がV字形に開かれた位置。

  3. OP
    パートナーの右外側への前進ステップ。
     tama注: ここで言うパートナーとは、日本でしばしば誤解されているように、男子に対する女子だけを指すのではなく、女子に対する男子をも指すことに注意

  4. サイド・リーディング
    前進または後退の時、動く足と同じ側のボディを前進または後退させること。
     tama注: 以前はショルダー・リードと表現していたが、肩だけを前進または後退させるという誤解を招かないよう、用語が変更された。



アライメントとダイレクション

足およびボディの部屋に対する相対的方向を意味する。
アライメントは「足(つま先)の向いている方向」であり、ダイレクションは「脚及びボディの動く方向」である。
足とボディが同一の方向を向いているときは、足の方向を「面して」あるいは「背面して」と表現する。
足とボディが異なった方向を向いているときは、足の方向を「向いて」と表現する。


回転量

回転量は両足の間で測る。


ライズ・アンド・フォール

足、脚、ボディを使って行われる上下運動である。


NFR(ノー・フット・ライズ)

ノーフットライズは主として後方にステップする時の内側回転で起こり、支え脚のヒールは、次のステップが行われるまでフロアーにコンタクトしている。ライズはボディ及び脚のみで行われる。


フットワーク

ボールルームダンステクニックのチャートのフットワークの欄に書かれているのは、フロアーにコンタクトする足の部分である。
ワルツ、フォックストロット、及びクイックステップでは「トー」および「ヒール」の用語も使用される。「トー」という用語には足の「ボール」を含む。前進の場合、足全体を使うことは言うまでもないが「ヒール」と定められている。「ヒール」そして「フラット」という必要はない。覚えるべき必要なルールは片方の足が横からもう一方にクローズする時、トーがフロアーにコンタクトしてクローズする事である。


CBM(コントラリー・ボディ・ムーブメント)

ボディ・アクションの一つである。前方または後方に動いている足の方向に、身体の反対側が回転すること。通常、回転を起こす時。


スウェー

スウェーは通常、ムービングフットから体が離れ、回転の内側の方向に傾くことをいう。
例: ワルツのナチュラル・ターンの第2歩。
   スウェーはムービングフットの方向もある。例:ホバー・フェザーの第1歩。
   ブロークン・スウェーはウェストから上部で、チェックド・ティプル・シャッセ・ツー・Rなどのフィギュアに使われる。


ポイズ

  • 男子
    頭は直立させまっすぐな姿勢で立つ。ボディはウェストで引き締め、体重は足のボールの方向へ前方に保ち、肩はリラックスさせ、膝はほんのわずかに曲げて保つこと。

  • 女子
    まっすぐな姿勢で立ち、ボディはウェストで引き締め、体の上部と頭はわずか後方で少し左側に、膝をほんのわずか曲げ、体重を足のボールに置く。

    tama注:
    ポイズ(バランスという言葉に近い)という言葉をポスチャー(姿勢)と勘違いをされている方は、ぜひ<Technique Lessons by Baricchi>をクリックして、のPart1及びPart2をお読みください。日本語で要約をつけてあります。私は目からうろこが落ちました。

    なおpoiseの英語の意味はこちら<poise>をクリックしてください。


ピボットとピボッティング・アクション

この定義はtamaが英国や米国のいくつかのダンスサイトを調べた結果をまとめたものです。

この定義の参考にしたサイトについてはピボットとピボッティング・アクションを参照ください。

  • Pivot(ピボット)
    サポーティング・フットのボールを軸に、重心をそのボール上に保ったまま回転する動作で、その間、もう一方の足は前方または後方にCBMPに保つ

  • Pivoting Action(ピボッティング・アクション)
    右足で前進しながら右足のボールで右回転する動作で、重心がサポーティング・フットのボール上にとどまらず、離れて行きながら回転が行われる。この時相手の右足が自分の両足の間にステップするスペースが必要なので、自分の左足はCBMPを保たずサポーティングフットの周りを円を描くように動かす。



参考資料


ダンス用語の基礎知識.jpg

ダンス用語の基礎知識_0001.jpg

ダンス用語の基礎知識_0002.jpg

ダンス用語の基礎知識_0003.jpg



「ボールルームダンステクニック」の読み方についてのその他の注意
      • ボールルームダンステクニックの教科書を理解する上で、ひとつ注意すべき点がある。
        それはチャートの一番左端のステップの欄の1・2・3などの記載である。
        これは音楽の拍ではない。つまり必ずしもステップと拍の1・2・3とは同時進行しない。
        たとえばワルツのナチュラルターンの男子ステップ1は右足が前に振り出されてからフロアに着地したところまでであるが、音楽ではステップ1の終わりで右足が着地したタイミングくらいで1拍目の音が鳴り始める。
        音楽の拍と合わせるべきなのはボディムーブメントである。
      • ワルツの3にライズはあるか参照







  • 最終更新:2014-07-17 07:39:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード